Private 02 04(プライベート0204)Slow Cashmere Poncho-2-

DSE_3779W

Private 02 04の17ss Slow Cashmere Poncho。

ショールームでは春夏に厚手のカシミヤいるかなーなんて悩んでオーダーつけましたが、届いてみたら思いの外これからの季節に期待できるポンチョでした。
定番のカシミヤブランケットはばさっと羽織ると必然的に2重3重に重なる部分ができて真冬対応の温かさですが、ポンチョは生地の重なりがないので、いわば薄手のカーディガンのような感じ。

DSE_3782W

シャツに羽織って外でたら寒かったので気づきました。まだ夜なんて冬の冷え込みですからね。
生地の織りは厚手のタイプで、定番のストールやブランケットと同じです。
なのでストールやブランケットを検討している方も参考にしてください。

DSE_3784W

DSE_3785W

繊維の宝石と言われるだけあって、独特の光沢やとろみの魅力は写真からも伝わりますね。
曲げて風合いを見てみると、まだそれほど毛羽が立ってない。新品なので当たり前ですが。
DSE_3796W

使い込んでいくうちにカシミヤの毛が立ち上がり、ふわふわとしてきます。
表面に靄がかかっていく感じですかね、見た目はボワボワなっていきますが、肌あたりは気持ちよくなります。

DSE_3804W

それがカシミヤの魅力なんですよね。使うほど風合いを増していく素材は限られています。
Private 02 04ではスローカシミヤって呼んでいて、イタリアのヴィンテージ織機でゆっくり手織りしています。その”ゆっくり”というのがスローってことだと思います。

DSE_3802W

光に透かすと、糸と糸の間にたくさん隙間があるのがわかります。
これは織りに力(テンション)が必要な現代の織機ではなかなかできなくて、これがスローカシミヤだけの特別な風合いを生んでいます。

よく見ると織り目の隙間が不規則なのがわかると思います。これは一方にカシミヤの強撚糸を使っているからですね。
この強撚糸や糸の隙間がストレッチ性を生んでいて身体にまとった時にも快適なんです。
派手さはないですが使っていて心地いいがいいのが、Privateがリピートされる理由のひとつかもしれませんね。
DSE_3812W

DSE_3814W

DSE_3789W
DSE_3570W-1
DSE_3803WPrivate 02 04 Slow Cashmere Stole anthrasite 84,240円(tax in)

大人のための贅沢って感じがします。
デザイナーはコペンハーゲンのスザンヌクリステンセン。元々テキスタイル系出身と聞きますが、さすがです。

ps.
今週の日曜日は名古屋にいますので、Private0204やほかのクリエーションが気になる方はメールください。前回展示会をしたDear Joze.さんでお見せできます。





ホームページ:サシェ オンラインブティック



Sache 上原




Sache Boutique(サシェ ブティック)
470-2380 愛知県知多郡武豊町平井5-81(実店舗休業中)
ホームページ:サシェ オンラインブティック
Twitter:@Sache_Yagi(サシェ/上原)

Sache mini Boutipue(サシェミニブティック)姉妹店
ホームページ:サシェ ミニブティック
Twitter:@Sache_mini
Instagram:Sache_mini

共通E-mail:shopmaster@maison-loosen.com