TAAKK(ターク)

先週はTAAKK(ターク)の森川さんに会ってきました。

17awコレクションを見たのですが、例年以上に力強いクリエーションで素晴らしかったですね。

中でも印象的だったのが大量のスパンコール刺繍でスマイルをあしらったアイテム。これサッと撫でるとスパンコールが裏返ってニルヴァーナのスマイル(目がばってん)になるんですよね。
ただの反転じゃないので複雑なプログラムで刺繍データを起こしたみたい。

この刺繍、日本ではプログラムに数十万掛かるってふっかけられて、他の国でこのアイデアを実現させてくれるところを探したんだって。
そしたら中国の職人が面白そうだから是非やってみたいって手をあげたの。

どうやら中国にもストイックなものづくりすることで新たな活路を開拓しようとする動きがあるみたい。
というより、中国がそういう考えを持ち始めてる一角が見えたのかも。日本がダメならそういうとこと手を組むのも必然になります。

17awのスパンコール刺繍は中国生産。ただいわゆる中国のイメージとは違い、国内では敬遠された複雑なデザインをハイクオリティで落とし込めてます。
森川さんは冒険心溢れてストイックでありながら、考えがとても柔軟。そこが好きですね。

そのスマイルの資料欲しい人はメールください。

さて、TAAKKのデニムを入荷しました。
一見すると普通のデニムなんですが、ポケット端など解れた箇所からゴールドの糸が飛び出してます。

DSE_2146W

生地を解析しすぎても申し訳ないので、難しいところですが、生地構成は複雑でやはり森川さんしかできないなって思います。でも作り込みに反して見た目はシンプルでいいですね。

DSE_2332W

普通にかっこいいデニム。履いてみたらほどよいスリムなシルエットで自然にフィットします。
内側がゴールドの糸なので肌当たりが心配でしたが、なめらかな感じです。
繊維配合見てもシルクに近い肌当たりのレーヨンが主なのでなめらかなのかもしれません。

DSE_2301WTAAKK Gold denim 41,040円(tax in)

見た目が普通ってのもいいですね。見た目が面白いのも惹かれますが、このくらいの主張も気が楽でいいです。

春夏のシンプルコーデに活躍しそうですね。





ホームページ:サシェ オンラインブティック



Sache 上原(代表&バイヤー)




Sache Boutique(サシェ ブティック)
470-2380 愛知県知多郡武豊町平井5-81(実店舗休業中)
ホームページ:サシェ オンラインブティック
Twitter:@Sache_Yagi(サシェ/上原)

Sache mini Boutipue(サシェミニブティック)姉妹店
ホームページ:サシェ ミニブティック
Twitter:@Sache_mini
Instagram:Sache_mini

共通E-mail:shopmaster@maison-loosen.com

TEN C(テンシー)

寒い。手先足先が冷える僕にはつらい季節です。

今週はテンシーのショールームに行ってきました。

いままではテンシーのエージェントを通して直接取引きしていましたが、17awからは輸入代理業者が間に入ることを聞いてました。

この件についてはあまりいい噂が立っていなくて、価格の上がり幅も心配だったんですよ。
それで常連さんには16awでの購入をお勧めしていたのですが17awもプライスは変わらず、新しく間に入った会社はデザイナーのポール自身も信頼をおいて任せてるので問題なさそうです。実際にお話ししてこれからが楽しみに感じたってのもあります。

次の新型も相当にカッコよかったのですが、ロロピアーナの糸を使った分厚いニットに心を奪われました。
僕はロロピの大ファンなんでテンシー取り扱っててよかったと思いましたね。本当に。
ロロピアーナの糸でテンシーのプロダクト、もしこれに興味を示してくれる人がいれば嬉しいです。

さて、店頭にストックのあるアノラックを紹介。

DSC_6481WTEN C Anorak(navy) 129,600円(tax in)

テンシーの代名詞ファブリックをつかったプロダクトで一番求めやすい価格のアノラック。

ただ、テンシーに価値を見出す人に価格で選ぶ人はあまりいなくて、サシェでもパーカやコートのような上位モデルの方が動きます。
上位モデルを持っている人が、もっと手軽に着れるテンシーが欲しくなった時にアノラックの選択肢がでてくる感じです。

DSC_6475W

テンシーにハマると一番着用時期の長いアノラックも持ってて損はないかって気がしてくるので遅かれ早かれお勧めなモデルではあります。

DSE_2103W
アノラックの袖付けはラグランスリーブ。他のモデルに比べて肩や腕周りの負担が少ない仕様ですね。

DSE_2090W
セットインスリーブの方が肩位置がしっかり決まり、アームホールが細く美しいというのは正直ありますが、動きやすさやインナーを選ばないで手軽に着こなせるのがラグランの魅力。

DSE_2095W

DSE_2096W

DSE_2113WTEN C Anorak(navy) 129,600円(tax in)

かなり良いですね。
ディティールのひとつ一つが目を惹きます。
アノラックは17awでも価格同じです。遅かれ早かれならばいま手に入れておいても損はないですね。

sandカラーもあります。
DSC_6448W
TEN C Anorak(sand) 129,600円(tax in)

sandいいですねー。なんとも言えないヌメリのある光沢からミリタリー系のカラーが全く新しい上質なイメージに一新された感じがします。ある意味ニューカラー。このカラーでこの雰囲気をだせるのはテンシーだけですね。





ホームページ:サシェ オンラインブティック



Sache 上原(代表&バイヤー)




Sache Boutique(サシェ ブティック)
470-2380 愛知県知多郡武豊町平井5-81(実店舗休業中)
ホームページ:サシェ オンラインブティック
Twitter:@Sache_Yagi(サシェ/上原)

Sache mini Boutipue(サシェミニブティック)姉妹店
ホームページ:サシェ ミニブティック
Twitter:@Sache_mini
Instagram:Sache_mini

共通E-mail:shopmaster@maison-loosen.com

BURNED PANTS

寒いですね。冬モノの紹介も大いに残ってますが、春物紹介します。

DSE_2033W

サンズオブウィリアムのBURNED PANTS
スリムフィットのライトコットンなので当然ながらこの時期はスースーします。
春からですね、履けるのは。

DSE_2030W

BURNEDはバーナーで焦がしているって意味。
ウエストの内側やバックポケットなどを焦がしています。

DSE_2049W

ダメージ加工ジーンズは珍しくはないですが、燃えて穴が空いてると目を惹きますね。さすがに。

DSE_2051W

膝は焦げているというか焼き切れてます。

フロントはボタンフライ。

DSE_2050W

普通はいいとこにダメージがくるんですけどね、僕の身長ではひざ下にダメージを負った人です。

DSE_2027W

明らかに何者かにやられてますが、日によってはアリでしょう。

加工はハンドワークなのですべて1点モノ。場所によって焦げてるだけのものもあれば、穴が空いてるのもあります。

dsc_8080wSONS OF WILLIAM BURNED PANTS 22,680円(tax in)

プライスはかなりお求めやすいです。
残念ながら送料や関税など含めるとあまり利益でません。
しかしこのアイテムに限っては高級生地を使っている訳ではないのでこの設定にしてます。

ここ数年で一番リーズナブルなパンツかも。
でもデザインは気に入ってます。





ホームページ:サシェ オンラインブティック



Sache 上原(代表&バイヤー)




Sache Boutique(サシェ ブティック)
470-2380 愛知県知多郡武豊町平井5-81(実店舗休業中)
ホームページ:サシェ オンラインブティック
Twitter:@Sache_Yagi(サシェ/上原)

Sache mini Boutipue(サシェミニブティック)姉妹店
ホームページ:サシェ ミニブティック
Twitter:@Sache_mini
Instagram:Sache_mini

共通E-mail:shopmaster@maison-loosen.com

巨大マフラー/SACHE

入荷したばかりの巨大マフラー。可愛いですね。

今回は4色展開で作って、アイボリーホワイトとグレージュはスヌードでも人気のあるカラー。
レッドオレンジとソフトピンクはスヌードにはない新色になります。

マフラー文字SACHE 超極太ボリュームマフラー 32,400円

4色とも絶妙で可愛いカラーですよね。
本当はバラ色(レッド)も展開したかったのですが、赤色の撮影は難しい…!
どうしても色が潰れてしまうので諦めました。

DSC_1352W
(悲しい…。色飽和っていうみたいですね。)

冬も終わりかけのこの時期の販売となり反応が心配でしたが、予想よりも反響をもらえています。

このマフラー、ふわふわで軽いメリノウール素材ですが、マフラーで1kgもあります。
そのため取り回ししやすいとは言えませんが、
圧倒的な存在感と高い保温性で冬のコーデを楽しくしてくれます。

DSE_1979W

友人は「インテリアとして可愛いけど、巻く勇気は…」なんて言ってました。
確かに! でもたまにはコーデで遊んでも良いですね。

DSE_1987W

毛並みが美しいふわふわのメリノウール。

DSE_2000WSACHE 超極太ボリュームマフラー 32,400円

デザインの主張が強すぎて素材の良さが影を潜めていますが、イギリスから取り寄せてるシルキータッチの肌に優しい最高品質のウールです。素材の良さが発色の美しさや光沢感に現れていますね。

きっと満足度はかなり高いと思います。
物理的にずっしりくるってのもありますが、プライスも頑張ってます。
ぜひご検討ください。





ホームページ:サシェ オンラインブティック



Sache 上原(代表&バイヤー)




Sache Boutique(サシェ ブティック)
470-2380 愛知県知多郡武豊町平井5-81(実店舗休業中)
ホームページ:サシェ オンラインブティック
Twitter:@Sache_Yagi(サシェ/上原)

Sache mini Boutipue(サシェミニブティック)姉妹店
ホームページ:サシェ ミニブティック
Twitter:@Sache_mini
Instagram:Sache_mini

共通E-mail:shopmaster@maison-loosen.com