月別アーカイブ: 2015年11月

H.nakamura Écrire ring

H.nakamuraの新作リングを入荷。

素晴らしいクリエイションです。

15世紀から16世紀のフランスにおいて、王侯貴族が窓ガラスにメッセージを書いたというエピソードが残っているリングを再現。

素材は金とダイヤモンド。ダイヤモンドのピラミッド部分によりガラスをはじめ、あらゆるものにメッセージを残すことができます。

当時は恋人(男性が女性)に贈ったとされていることから今回、H.nakamuraにより、現代の女性に似合うフォルムや細かいニュアンスが加えられています。

PB200026P

PB200035PH.nakamura Écrire(エクリール) ring #10 18k gold diamond Price 140,400-(tax in)sold

H.nakamuraの新作がでるとアナウンスしてから問い合わせが多く、一瞬で完売。

確かに、、既存のジュエリーとは別次元。

実は、ルーペで見ないと気付かない細かなところまでニュアンスを付けており、そのレイヤーを重ねることで本物の説得力を持っています。

写真ではかなり拡大していますが、実際には#10サイズ。この細部への造り込みが凝縮した見え方は凄まじい。

一生モノ以上に、これはアンティークになり残っていくことは確実です。

オーダーを受け付けますので、気になる方はお問い合わせくださいませ。




Sache 上原

ETHOSENS

ここ数シーズンでクオリティをグッと増した、ETHOSENS(エトセンス)のコートについて。

2015awのコートはかなり完成度を上げてきました。これが造れるんだから今後もこの路線でいってほしい…。

こちらのコートを紹介します。

PB010105P

ケープのようにフロントとバックに生地を重ねたコート。

PB010059P

PB010061P

この素材は世界有数の織物産地である尾州でsuper120’sの糸を織り上げたウール100%のフラノ生地。

super120’sというのは簡単に言うと、原料となる繊維が細いということ。単純に「品質が良い」と言い換えることもでき、super120’s織り上げた生地にはウールの活きたコシがあり、表面のタッチや風合いも優れています。

このコートはミニマルなデザインと、縫い目を感じさせない仕立てが特徴です。

各部折り返し仕上げられた縁はウールの弾力によりふっくらとし、全体として丸みのあるやわらかな雰囲気を演出。

重ね合わせた生地は、オーロラのようになめらかなドレープを生み出しています。

PB010063P

なめらかなドレープの秘密は裏側にまで丁寧に張られたキュプラ。見えない箇所へのこだわりが、全体の完成度を大きく左右します。

PB010092P

袖口にはボタンがひとつ。ふっくらとした折り目の中に浮かぶボタン。

PB010075P

上質な生地に映える本水牛ボタン。ツヤをだし、漆のような光沢があるのが特徴です。横から覗くボタンホールも美しく、生地とボタンのムードを壊しません。

PB010076P

袖は本格的な本切羽仕様。ボタンはしっかり根巻きされ留めやすい。
PB010078P

ふっくらとした線が交錯するフロント中央のサイド。

PB010080P

ここに隠れたサイドポケット。

PB010082P

+に生地が重なる前合わせには、、

PB010086P

PB010084P

艶やかなボタンが隠れています。比翼とは違い、下側から手が入ることで留めやすい。

内側もミニマルで丁寧な造り。

PB010088P

サイドには両玉縁ポケットが2つ。

PB010089P

PB010091P

そしてフラノは軽くやわらかな着心地と保温性を兼ねます。

PB010124PETHOSENS コート  Price 82,080-(tax in)


NUMBER (N)INEのカシミヤニットに、TAAKKの防風パンツ。真冬もいけます。

すべてのブランドに言えますが、地雷と名作が存在します。サシェで入荷してるアイテムに関しては間違いがないはずです。




Sache 上原