カテゴリー別アーカイブ: 山本広巳

山本広巳

DSE_5413W

達人を前にして剣が抜けない。

やわらかくも独特の空気に支配されている。

バガボンドでもそんなシーンがあった気がする。急須職人、山本広巳さんの前でなかなかカメラを抜けない。

脇に置かれた一眼はあまりに大きく、不恰好だからか。

それとも、借りてきたカメラのように、僕には不自然だからか。

美しい人とモノとの空間に、邪魔のように思える。

あぁ、そうか。僕は一眼を嫌いになりつつある。

のめり込むほど、カメラが写す景色は現実離れしていく。

カメラに非はない。ただ人間がより美しく、演出していってしまう。

写真は美しい。

ただ、撮る者は、現実演出した理想の差を常に感じている。

現実を切り取っている。違う、これは現実ではない。自分自身の見たい景色を写している。幻想にすぎない。

写真は自身の深層心理を写している。


カメラを買い換えた理由の一つは、広巳さんを撮るためでもあった。

どのような人物かは、業界のもっとも深い人たち、亡くなった偉人たちが知る。

しかし、不思議なことにこの時代に広巳さんの写真一つもでてこない。

だから私はカメラを持ってる。いつか写真に収められる時が来るのか。いまは想像がつかない。

さて、山本広巳のクリエーションの重要なところにふれる。

山本広巳の急須は、例えるなら”究極に真っ直ぐな線”を描いている。

それはでも、素材にも言える。

グニュグニュと曲がった線は、誰でも簡単に真似することができる。

適当に線をなぞるだけで、雰囲気は似かより、見る者も違いに気づかないでしょう。

でも、究極に真っ直ぐな線は、簡単にはなぞれない。わずかにでもはみ出し、違和感がでる。



山本広巳の急須は、模範しても違和感が残る。ぱっと見似ていても、違和感が隠せない。

その違いが生まれるのが、最高の急須職人である所以。



よくよく誤解されるのですが、私は急須にこだわりがある人ではありません。

仲の良い関係者は知っていますが、ファッションにも興味がなく、着飾ることもありません。

なにものにもとらわれず、無刀。そうありたい。


山本広巳の急須を見て問われます。

「ならば、人生において、究極に真っ直ぐな線はなにか」

物事は突き詰めると共通しています。

つまり、人生において、究極に真っ直ぐな線と呼べるものが存在するということです。

私も死ぬまでに、描いてみたい。




サシェ 上原

展示会シーズンに入り

例年通りなら東京にちょくちょく行っているはずですが、ことしは取り扱いブランドが減った都合でまだ行っていません。

といっても富士や山梨、滋賀や京都などの地方には生地の仕事でよく行っています。

さて、ブティックは内装工事中につき、なかなか撮影が捗らないので、撮り溜めの写真から紹介します。

P6230108W

こちらは山本広巳氏の「焼〆千点紋急須」

無数の針穴が開けられていますね。千個開いているのかな?と思いきやその何倍も開いています。

これは窯のなかで焼成しているときに無数の穴に気泡ができるのですが、その気泡により表面の温度ムラが加速し、大きな色の変化を起こします。

正確に言うと、「大きな色の変化が起こるのではないか」という仮説のもと焼成されています。なんでかって、前例がないからです。


いかがでしょうか。
表面は同じ色がないほどに多彩な色むらを起こしていますね。こんな急須を「景色がある」といいます。
素晴らしい。

こちらに掲載しています。→山本広巳「焼〆千点紋急須」



またブログ書きます。



Sache 上原





**
Sache Boutique(サシェ ブティック)
470-2380 愛知県知多郡武豊町平井5-81(実店舗休業中)
ホームページ:http://maison-loosen.com
E-mail:shopmaster@maison-loosen.com

どうやって目を肥やせばいいのか

と聞かれることがあります。
色々と方法はありますが、
良いモノを見続けることが早道だと思います。

実は、人の感性やセンスは「見慣れているか」に依存しています。
みなさんが好きなモノはなんでしょうか? 美しいと思うデザインはなんでしょうか?

きっと日常で、頭のなかで触れているものだと思います。雑誌を通してでも。
いつしか見慣れることで、当たり前になり、みなさんのスタイルに根付くのだと思います。

見たことないものを好きになることはできませんから。
だから目を肥やすには少し背伸びしても、良いモノを見慣れることが大事です。


さて、山本広巳氏の宝瓶(ほうひん)、口が小さいのにお気づきでしょうか。

P6160018W

といっても、宝瓶の普通の形を知らないとわからないですよね。

下記にいろいろな宝瓶の注ぎ口を掲載します。

P7090001W急須の話より 山本広巳著

いかがでしょうか。

注ぎ口のつくりが全然違いますね。

とくに右2つは、現代の茶葉に対応した結果、細かな穴が増え、注ぎ口が大きくなっています。


こちらが広巳氏の宝瓶です。

P6160016W

P6160022W

P6160012W

P6160027W

注ぎ口が小さいですよね、くわえて立体感のある茶こしが美しい。

実用性を兼ねて口を小さくするには、このように内から茶こしを貼り付ける必要があります。

そしてこの茶こしはこの世の誰も創れません。広巳氏自身もつくれなくなったため、ある種のオーパーツです。

穴の数はおおよそ500。ミニトマトを半分にしたくらいのサイズ。



この茶こし、胴と同じ土に見えますが、実は違うんです。いや、同じ土ではあります。

茶こしの部分は中でも微細な粒子のみを時間をかけ抽出してつかっています。

でなければ穴が崩れてしまいますからね。あけてる最中に。ボロっと。

P6230032W

最高のモノを知って、見慣れるのがいいと思います。

P6160012W

この宝瓶はもう手元にありません。



またブログ書きます。



Sache 上原






**
Sache Boutique(サシェ ブティック)
470-2380 愛知県知多郡武豊町平井5-81(実店舗休業中)
ホームページ:http://maison-loosen.com
E-mail:shopmaster@maison-loosen.com

山本広巳「焼〆千点紋急須」

この急須はリンゴくらいのサイズ。でもリンゴよりずいぶん軽く200グラムです。

重い急須はダメです。そのなかにお湯を入れてしばらく支えないとダメですから。
見た目ではわからないんですけどね、広巳氏の急須は軽くつくられています。

P6230103W

この急須は焼〆千点紋急須と名付けられています。
詳しくは、また説明します。

P6230104W

P6230106W

P6230107W

P6230108W

P6230109W

P6230111W

P6230112W


こちらに通販ページを用意しておきます。→山本広巳「焼〆千点紋急須」



またブログ書きます。




Sache 上原




**
Sache Boutique(サシェ ブティック)
470-2380 愛知県知多郡武豊町平井5-81(実店舗休業中)
ホームページ:http://maison-loosen.com
E-mail:shopmaster@maison-loosen.com