カテゴリー別アーカイブ: Private 02 04

光沢する素材

DSE_4072W

Private 02 04のスペシャルピース、ヴィンテージヘンプラグ。

ヘンプは日本国内で深く掘り下げることができない唯一の素材です。
幻の素材とは言い過ぎですが、日本古来より神事に使われてきた神聖な繊維のひとつで、麻系の中でも特に優れた風合いを持ちます。

特にヴィンテージヘンプ。ヴィンテージは最近の言い方ですが、古くから使い込まれたヘンプはしっとりとして柔らかく、えも言われぬ美しい光沢感があります。

DSE_4430W

京都に麻の研究者がいるのですが、その人が宝物にしてるヘンプの古布を見せてもらったことがあります。表面の凹凸はつぶれきっていて、ぬるりとした光沢に覆われていました。そして、しっとりとして、なめらかな肌触り。ひんやりとしてるけど、言葉より角がない。
それはそれは素晴らしく、頭の中から消えずにいます。

DSE_4432W

使い古した薄手のペンプの古布になると、その手触りはもはや柔らかすぎて言い表すことができないようで、強いていうなら、ビニール袋、、いや、もっと柔らかい。なんて言ってました。

DSE_4431WPrivate 02 04  ヴィンテージヘンプラグ(1)
129,600円(tax in)

想像に任せるしかないですが、Privateのラグに触れれば、少し伝わるかな。




さて、
LINEアカウントをつくったので、登録して気軽に話しかけてください。

→ @pkg6620h(Sache/サシェ)

宜しくお願いします。





ホームページ:サシェ オンラインブティック



Sache 上原




Sache Boutique(サシェ ブティック)
470-2380 愛知県知多郡武豊町平井5-81(実店舗休業中)
ホームページ:サシェ オンラインブティック
Twitter:@Sache_Yagi(サシェ/上原)

Sache mini Boutipue(サシェミニブティック)姉妹店
ホームページ:サシェ ミニブティック
Twitter:@Sache_mini
Instagram:Sache_mini

共通E-mail:shopmaster@maison-loosen.com

ここ2週間の重荷が取れました。

1通のメール書くのに2週間も使ってたようです。文章下手すぎて笑えます。

さて、頭がスッキリしています。
重荷が降りたからか、カフェインを摂取したからかはわかりません。

森川さんのGold denim。金の糸が飛び出すデニム。

DSE_2146W

アシンメトリーのロールアップで遊んでみました。

DSE_4385WTAAKK Gold denim 41,040円(tax in)
Private 02 04  Slow Cashmere Stole(greige)
66,960円(tax in)

裏側はギラついているので片方でがっつり見せても面白いですね。キレイなシルエットで、大人のアイテムとして普通にかっこいいのに、技ありな生地ってのが好きです。

DSE_4374W

これからの季節も不意に肌寒い日がきたりするのでPrivate 02 04のスローカシミヤストールが重宝します。

DSE_4378W

飽きのこない一生モノのカシミヤですね。
薄手織りのカシミヤはほぼシーズンレスで使えるので細かな体温調節に便利です。




さて、
LINEアカウントをつくったので、登録して気軽に話しかけてください。

→ @pkg6620h(Sache/サシェ)

宜しくお願いします。





ホームページ:サシェ オンラインブティック



Sache 上原




Sache Boutique(サシェ ブティック)
470-2380 愛知県知多郡武豊町平井5-81(実店舗休業中)
ホームページ:サシェ オンラインブティック
Twitter:@Sache_Yagi(サシェ/上原)

Sache mini Boutipue(サシェミニブティック)姉妹店
ホームページ:サシェ ミニブティック
Twitter:@Sache_mini
Instagram:Sache_mini

共通E-mail:shopmaster@maison-loosen.com

TAAKK、Private 02 04など

先週はDear Joze.さんのスペースを借りて販売しました。

代表さんと仲が良いので私物のハンガーラックや鏡、ソファーなどずっと置かせてもらっています。

今回は洋服は少なめ。普通にお話し会でした。

DSE_3949W
TAAKK(ターク)は今月初のファッションショーを行うこともあり業界から注目されてます。
この手前のコートはシャツに使うような薄手の綿生地に、蒟蒻糊でハリ感を持たせてトレンチコートに仕立てています。天然繊維のトレンチでは世界で1番?有数の軽さかと思います。

DSE_3957W
Private 02 04(プライベート0204)
スザンヌクリステンセンによるスローカシミヤのコレクション。イタリアの生産にこだわり、1人の職人が1本のストールの全行程を担当しています。普通は手織り、縫製、染色、仕上げがあるなら各工程をそれぞれ専門の職人が行うのですが、Privateは1人の職人が一貫して行います。なので1本1本フルオーダー。仕上げは柔軟剤で香りをつけてフィニッシュ。誰からも絶賛の香りでこれだけ並べると一帯は幸せな香りに包まれます。よく使用している柔軟剤を聞かれるのですが、これはオリジナルでブレンドしたもので企業秘密。香りもPrivate0204のデザインのひとつなんです。

DSE_4015WPrivate 02 04 Slow Cashmire Bask 151,200-(tax in)

これはPrivate 02 04のBask。これは特別な織りで、定番織り以上に厚みがありもっちりしています。なので小さいサイズでも高価なのですが、新しく加わった一番大きなサイズはBaskでしか作らないという謎のこだわり。それがこれ。ものすごく大きいのでインテリア向き。ブランケットみたいな感じですね。海外の顧客にはラグとして使う方もいるみたい。

DSE_4028W

Private 02 04のコレクションはすべて受注分しか生産されません。オーダーしなきゃ国内に入ってこない品も多いので、もし手に入れたいクリエーションがあればご連絡ください。
Privateのストールは長く愛用できるので、半年待つなんてことも全然苦ではないはずです。

こちらは趣味?で見せたくて持ってきたサンズオブウィリアムのジャケット。

DSE_3991W

生地やパッチ、ジップ、パターン、すべておかしい。このグリーンの布は見る角度でホタルの光のような発光色に見えるので面白い。裏地はカーボンファイバーだそうです。よくわかりません。

DSE_3972W

彼らはTEN Cのポールが率いてたストーンアイランドをリスペクトしているので、生地にこだわった面白いプロダクトを展開しています。ちなみにややこしいので言っていませんが、現在はブランド名を変えて活動しています。
DSE_3973W

DSE_3979W

DSE_3988WSONS OF WILLIAM OVERLAYER JACKET  74,520円(tax in)

DSE_4072WPrivate 02 04 ヴィンテージヘンプラグ(1)  129,600円(tax in)

DSE_4098WPrivate 02 04 ヴィンテージヘンプラグ(2)  162,000円(tax in)

Private 02 04はスローカシミヤのブランドと思わせてしまった節がありますが、スローカシミヤと同じように評価の高いヴィンテージのヘンプラグがあります。これは国内での入手が難しく、その理由の一つが超重量級アイテムなところです。とにかく重いので半端な数量じゃ輸入コストと合わないことと、オーダーしてから制作に入るので半年〜1年待つ上に、どんなラグに仕上がるか全くわからないことですね。
それがなぜかショールームの隅に3つほど重ねて置いてあって、聞いたら現物売ってくれるっていうので即決。なので次の入荷はあるかわかりません。
Private 02 04はそのこだわりから顧客をかなり絞っていて、知る人ぞ知るって感じですが、さらにヘンプラグは国内に数えるほど入ってません。なかなか手に入れられるモノではないのでかなりのチャンスかと思っています。

LINEアカウントをつくったので、登録して気軽に話しかけてください。

→ @pkg6620h(Sache/サシェ)

よろしくおねがいします。





ホームページ:サシェ オンラインブティック



Sache 上原




Sache Boutique(サシェ ブティック)
470-2380 愛知県知多郡武豊町平井5-81(実店舗休業中)
ホームページ:サシェ オンラインブティック
Twitter:@Sache_Yagi(サシェ/上原)

Sache mini Boutipue(サシェミニブティック)姉妹店
ホームページ:サシェ ミニブティック
Twitter:@Sache_mini
Instagram:Sache_mini

共通E-mail:shopmaster@maison-loosen.com

Private 02 04(プライベート0204)Slow Cashmere Poncho-2-

DSE_3779W

Private 02 04の17ss Slow Cashmere Poncho。

ショールームでは春夏に厚手のカシミヤいるかなーなんて悩んでオーダーつけましたが、届いてみたら思いの外これからの季節に期待できるポンチョでした。
定番のカシミヤブランケットはばさっと羽織ると必然的に2重3重に重なる部分ができて真冬対応の温かさですが、ポンチョは生地の重なりがないので、いわば薄手のカーディガンのような感じ。

DSE_3782W

シャツに羽織って外でたら寒かったので気づきました。まだ夜なんて冬の冷え込みですからね。
生地の織りは厚手のタイプで、定番のストールやブランケットと同じです。
なのでストールやブランケットを検討している方も参考にしてください。

DSE_3784W

DSE_3785W

繊維の宝石と言われるだけあって、独特の光沢やとろみの魅力は写真からも伝わりますね。
曲げて風合いを見てみると、まだそれほど毛羽が立ってない。新品なので当たり前ですが。
DSE_3796W

使い込んでいくうちにカシミヤの毛が立ち上がり、ふわふわとしてきます。
表面に靄がかかっていく感じですかね、見た目はボワボワなっていきますが、肌あたりは気持ちよくなります。

DSE_3804W

それがカシミヤの魅力なんですよね。使うほど風合いを増していく素材は限られています。
Private 02 04ではスローカシミヤって呼んでいて、イタリアのヴィンテージ織機でゆっくり手織りしています。その”ゆっくり”というのがスローってことだと思います。

DSE_3802W

光に透かすと、糸と糸の間にたくさん隙間があるのがわかります。
これは織りに力(テンション)が必要な現代の織機ではなかなかできなくて、これがスローカシミヤだけの特別な風合いを生んでいます。

よく見ると織り目の隙間が不規則なのがわかると思います。これは一方にカシミヤの強撚糸を使っているからですね。
この強撚糸や糸の隙間がストレッチ性を生んでいて身体にまとった時にも快適なんです。
派手さはないですが使っていて心地いいがいいのが、Privateがリピートされる理由のひとつかもしれませんね。
DSE_3812W

DSE_3814W

DSE_3789W
DSE_3570W-1
DSE_3803WPrivate 02 04 Slow Cashmere Stole anthrasite 84,240円(tax in)

大人のための贅沢って感じがします。
デザイナーはコペンハーゲンのスザンヌクリステンセン。元々テキスタイル系出身と聞きますが、さすがです。

ps.
今週の日曜日は名古屋にいますので、Private0204やほかのクリエーションが気になる方はメールください。前回展示会をしたDear Joze.さんでお見せできます。





ホームページ:サシェ オンラインブティック



Sache 上原




Sache Boutique(サシェ ブティック)
470-2380 愛知県知多郡武豊町平井5-81(実店舗休業中)
ホームページ:サシェ オンラインブティック
Twitter:@Sache_Yagi(サシェ/上原)

Sache mini Boutipue(サシェミニブティック)姉妹店
ホームページ:サシェ ミニブティック
Twitter:@Sache_mini
Instagram:Sache_mini

共通E-mail:shopmaster@maison-loosen.com